レシピ

今年の夏は何を焼く!? バーベキュー本番の夏だからこそ、食材にはこだわりたいもの。

旬の食材から涼しさを感じられる食べ物・盛り上がる変わり種まで、BBQ大学オススメの厳選食材を紹介します。

 

夏は食材が豊富!上手に選んでバーベキューを盛り上げよう

 

バーベキューの主役といえば「肉」ですが、もちろん食材はそれだけではありません。夏はバーベキューにオススメの旬の食材や、この季節だからこそ食べたくなるメニューもたくさんあります。

 

また、食材の中に冷たい食べ物を増やすことで涼を感じ、夏の暑さを和らげることもできます。夏バテしやすい時期だからこそ、バーベキューはしっかり食材を選ぶことが大切。体調考慮をしつつ楽しむことが夏バーベキューのコツです。

 

夏のバーベキューはコレを持参すべし!オススメ食材5選

 

暑いし面倒だからといって、バーベキューをありきたりな食材で済ますのはナンセンス! 

網で焼くもの、涼しさを感じられるもの、この時期ならではのデザートなど、夏のバーベキューがさらに楽しくなるオススメ食材を紹介します。

 

1. 海やビーチBBQならやっぱりコレ!「海鮮モノ」

海の近くでバーベキューをすることも多い夏、海老やイカ、ホタテなどの魚介類ははずせない!

炭火バーベキューでじっくり焼く鮮度抜群の食材は、美味しいこと間違いなし。肉とどっちを先に焼くか、網の取り合いになるかも!?

2. カラフルな見た目で食欲増進!「緑黄色野菜」

ピーマン、パプリカ、ニンジン、トマト、アスパラガス、カボチャなど、見た目に色鮮やかな緑黄色野菜は食欲を増す効果があります。

また、ビタミンなどの栄養が豊富なので夏バテ対策にもぴったり。お肉と合わせて食べることで、 食べ過ぎ防止やダイエットにもつながります。 

3.辛いけどあえて食べたくなる!「カレー」

夏に食べたい料理といえば、刺激的な香辛料で体をさらにホットにさせてくれるカレー。

手づくりが面倒な場合は、手鍋に市販のレトルトカレーを入れて、網の上で温めるだけでもOK。ナンや食パンも合わせて持ち寄れば、子どもにも大人気のメニューが一品できますよ。

 

4. カンタン調理でおいしい!「冷やしキュウリ&枝豆」

バーベキューはおいしくても、熱い食べ物ばかりだと夏場は少しつらいもの。冷やしキュウリと枝豆なら、ビールのおつまみにピッタリなほか、焼く食材の合間に涼をとることができます。

 

また、下準備が少なくてすむところもポイント。食べる直前までしっかり冷やしておくことを忘れずに。

 

5. 遊べて盛り上がる、ビーチで大活躍のデザート!「すいか」

夏の果物といえばすいか。そして、海、ビーチといえばすいか割り。バーベキューにすいかを持ち込めば、すいか割りを楽しんだあと、デザートとしてみんなでかぶりつくことができます。

 

できればすいか割りが始まるまでは日陰に置く、クーラーボックスに入れる、流水を使うなど、すいかがぬるくなってしまわないように冷やしておくことを心がけましょう。

食中毒対策はしっかりと

夏の時期は、肉をはじめ生ものの管理はしっかりおこないましょう。食材の出しっぱなしは厳禁です。保冷材やクーラーボックスを活用し、焼くor食べる直前に出すようにすること。長時間の移動が必要な場合は、肉類だけ現地で調達するなどの工夫をしましょう。

 

また、手ぶらバーベキューなどの場合でも、安全のために生ものにはしっかり火を通してから食べるように心がけましょう。残り物を持ち帰る場合も必ず火を通したものに限定し、その他のものは食べきってしまうなど、参加者みんなで意識して、食中毒の対策は万全におこなうことが必要です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

BBQ公認ライター

チョビベリー

読書とテレビと極真空手が好き、柔道初段とボクシングの経歴をもつ普通のOL。女子向けWEBサイトで書評ほか恋愛系の記事を執筆するかたわら、自身の恥をかきさらす意識ぬるい系ブログ『チョベリグ!』も更新中。バーベキューは火をおこす時に一番テンションがあがるファイヤータイプ。アトピーなので洗い物はちょっと苦手。