レシピ

BBQは素材の旨味を凝縮して、最大限に引き出す調理法。ですが、定番のBBQソースには味が単調なものが多いので「ちょっと変わった味も試してみたい」と思えてきちゃいますよね。そこで今回は、グルメな方やBBQ上級者の方も納得するBBQソースを10種類紹介します!

見た目が鮮やかでオシャレなソース

ブールノワゼットソース

 

ブールノワゼットソースとは、『焦がしバターソース』のことです。バターにレモン汁を加え、軽く焦げ目が付くまで火を入れたら、コンソメで味をととのえます。バターのコクが食材の旨味を引き出すので、BBQとは相性抜群。トマトやケッパーといった酸味のある食材を加えるとさらに美味しくなります。

 

 

材料:

  • バター……適量
  • レモン汁……適量
  • コンソメ……少々
  • トマト・ケッパー・にんにく等……お好みで

マデラ(マディラ)ソース

 

肉との相性が抜群、BBQで焼いた牛、豚、鶏肉をさらに美味しく仕上げるマデラソースは絶品です。マデラ酒を弱火でじっくりと煮詰めていき、とろみがついてきたらフォンドボー(子牛の出汁)を加えるだけで簡単に作れますよ。バターを加えるとさらにコクが出て美味しいです。最後に塩で軽く味をととのえてください。

 

 

材料:

  • マデラ(マディラ)酒:フォンドボー=41
  • バター……少々
  • 塩……少々

エピナソース

 

ほうれんそうとバターという黄金コンビが抜群に美味しいエピナソースは、魚との相性が抜群に良いフランス仕込みのソースです。BBQで余分な脂を落とした魚に、上質なコクを加える絶品ソースなのでぜひ試してみてください。茹でたほうれんそうの葉の水気を切り、繊維を潰しながらかき混ぜます。そこに軽く煮立てたバターと生クリームを加え、再度混ぜたら完成です。

 

 

材料:

  • ほうれんそうの葉……適量
  • バター……適量
  • カツオ出汁の素……少々
  • 生クリーム……適量

ケッカソース

 

フレッシュなイタリアン風味がBBQをさわやかにするケッカソース。簡単にいうとトマトとバジルで作ったソースです。オリーブオイルとトマトとバジルの組み合わせはゴールデンコンビ。モッツアレラチーズも入れたくなりますね。BBQで焼いた肉や魚に乗せてもいいですし、そのままサラダとして食べてもOK。冷製が基本となるソースなので、特に暑いシーズンには欠かせません!

 

以下の記事で詳細なレシピと作り方を紹介していますのでご覧ください。

 

ケッカソースに関連する記事

ガーリックバターソース

 

白ワインにガーリックバターを溶かし、煮詰めたソースです。白ワインをベースに作るので、肉よりも魚との相性が良いので、BBQでは焼き魚にかけると美味しいですよ。ソースを煮詰めるときにアサリを入れてもOKです。

 

 

材料

  • ガーリックバター……適量
  • 白ワイン……適量
  • 黒コショウまたはシーズニング……適量

ディップもできる重厚なソース

ロックフォールチーズソース

 

ロックフォールチーズは、アオカビのチーズの一種。日本でも有名なゴルゴンゾーラチーズとは別物で、フランス最古のチーズといわれる伝統的な羊乳チーズです。牛肉のステーキにかけることが多く、BBQでは牛にも豚にも鶏にも合いますよ。

 

みじん切りにしたエシャロットを加えるとさらにオシャレで美味しいソースになります。オリーブオイルをにんにくに軽く色がつくまで火を入れ、白ワインを加えたらアルコールが飛ぶまで炒めます。ここでエシャロットを入れてもOKです。その後、生クリームとロックフォールチーズを入れて、弱火でじっくりとチーズが溶けるまで火を入れたら完成。

 

 

材料:

  • ロックフォールチーズ……適量
  • オリーブオイル……適量
  • 白ワイン……オリーブオイルの3倍ほど
  • 生クリーム……白ワインと同量ほど
  • エシャロット……お好みで

サムライソース

 

「これでポテト食べると美味いよね」と思う方も多いのでは。サムライソースは、マヨネーズとケチャップを混ぜ合わせ、お好みでペースト状にした唐辛子やレモン汁を加えたソースのことです。だれでも簡単に作れる上に、肉にも野菜にも満遍なく使える便利なソースなので、BBQをするときにはぜひ用意しておきたい万能ソースです。

 

 

材料:

  • ケチャップ……適量
  • ペースト状の唐辛子……お好みで
  • マヨネーズ……適量
  • レモン汁……小さじ12

ハニーマスタードソース

 

サムライソースに続いて、こちらもディップできる定番ソースのハニーマスタードソース。調味料を混ぜ合わせるだけで作れる簡単なソースです。各調味料の分量は好みに応じて変えてみてください。マスタードとマヨネーズをベースにして、はちみつの量を調節するのが良いと思います。はちみつと共に練乳を入れる人もいるようですよ。

 

 

材料:

  • 粒マスタード……適量
  • マヨネーズ……適量
  • はちみつ……大さじ12程度
  • レモン汁……少々
  • 醤油……少々

和風ネギソース

 

ネギをふんだんに使った和風ソースもおすすめです。さらっとしたソースにすることもできますが、ネギから出るとろみを活かした重厚なソースにしてもとても美味しいですよ。オーソドックスな和風ソースをベースに、ネギを加えて煮詰めれば完成。醤油とそれ以外の調味料が21になるくらいの分量に調整すると味をととのえやすいです。

 

 

材料:

  • ネギ……適量
  • 醤油……2
  • みりん……1
  • 酢……1
  • 酒……1
  • 砂糖……1

ハーブ・ヨーグルトソース

 

さいごに、燻製肉との相性が特に良いハーブ・ヨーグルトソースを紹介します。ヨーグルトソースを食べることに慣れていないうちは口に合わないこともあるので、慣れないうちは食材に少量のソースにつけて食べる(ディップ)ようにして、次第に慣れていくことをおすすめします。ハーブの香りと味がダイレクトに来るので、お好みのハーブを入れるようにしてください。スーパーなどでも手に入る代表的なハーブを挙げるとすれば、ディル、タイム、チャービル、バジル、ローリエ、セージ等。自家製の燻製の作り方については、以下にあるソミュール液に関する記事を参照してください。

 

 

材料:

  • ヨーグルト……適量
  • はちみつ……少々
  • 塩……少々
  • コショウ……少々
  • おこのみのハーブ……適量

 

ソミュール液に関連する記事

まとめ

 

色々なBBQソースを作って用意すれば、BBQがより華やかになります。また様々な味わいのソースを食べ比べることで、「食べる楽しさ」もグイっと上がりますよ。みんなでワイワイ話しながら食べるのも楽しいけれど、美味しいものを食べることも、BBQの醍醐味のひとつです。気になるソースがありましたら、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

参考サイト:

色んなフランス料理のソース|多国籍侍

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

BBQ公認ライター

ともしど
基本的には絶食系男子だが、たいていのことを「ノリと勢い」で看破できるクレイジーな顔も併せ持つ。元板前なので魚介類の調理が得意。うどん生活が長かったのでお肉を見るとワクワクする。近くに水があると興奮するのでバーベキューは河原派。「ツイッター(@tomoshido)フォローしてください。」