レシピ

以前はバーベキューというと、ガッツリ! 豪快! といったイメージが強かったですが、最近はそんなイメージを覆すような、おしゃれなバーベキュー場も多く見かけますよね。どうせバーベキューするなら少しでもおしゃれに演出して、写真に映えるメニューを目指してみませんか?

 

今回は、少しだけおしゃれにできる、簡単レシピをご紹介します!

話題の泡ソースで雰囲気を上げよう!

 

最近よく見かける、泡状のソース。泡なので食材への絡みもよく、通常のタレとは違ってこぼれにくく、食べやすい利点があります。アウトドアで作るのは難しいかと思いきや、ハンディタイプのミキサーがあれば意外と簡単にできますよ。

 

材料:

  • 豚肩ロースブロック……400g
  • スパイスハーブ各種(今回は、ナツメグ・ローズマリー・クローブを使用)……合わせて大さじ2
  • ニンニク……1
  • 塩・コショウ……少々
  • バター……10g
  • 醤油……大さじ1
  • 砂糖……大さじ1/2
  • 水……100
  • 粉ゼラチン……小さじ1

 

 

必要なもの:

  • ラップ
  • 蓋付きフライパン
  • 小鍋
  • 氷水
  • ハンディタイプのミキサー(ミルクフォーマーでも可)

 

作り方:

1.豚ブロックに、塩、コショウを振り、すりおろしたニンニク、スパイスハーブ類を擦りつけてしっかり馴染ませる。ラップにくるんでしばらく置く。

 

 

2.フライパンにサラダ油を少しひいて加熱する。そこへをのせ、強火で表面を万遍なく焼き、しっかり焼き目をつける。

 

 

3.表面が焼けたら、蓋をして弱火で15分蒸し焼きにする。その後裏返して、また15分加熱する。

 

 

4.の肉を取り出したら、残った肉汁を鍋にとり、バター、醤油、砂糖、水を加えて火にかけ、しっかり煮詰める。煮詰まったら火を止め、熱いうちに粉ゼラチンを加え、よくかき混ぜる。

 

 

5.氷水にとって冷やしながら、ミキサーで泡立てる。

 

 

6.の肉をスライスし、5のソースをかければ完成。

ホタテを軽くあぶってカルパッチョに!

 

お刺身でも食べられる新鮮なホタテを、網で軽くあぶってカルパッチョにしてみてはいかがでしょうか。カルパッチョは野菜と一緒に盛り付けやすいメニューなので、彩りが豊かでおしゃれに見えます。今回はみずみずしい緑が美しいルッコラを使用しました。見た目が涼しく、ピリッとする大人味のソースが食欲を刺激する一品です! 

 

材料:

  • 刺身用ホタテ……1パック
  • オリーブオイル……大さじ3
  • 醤油……大さじ1
  • わさび……小さじ1/2
  • にんにく……1/2
  • ルッコラ……23
  • ブロッコリースプラウト……お好みで

 

 

必要なもの:

  • ソース用ボウル

作り方:

1.ルッコラは軽く洗って水気を切り、お皿に盛り付けておく。

 

 

2.ホタテは表面を軽くあぶり、1に盛り付けて冷やす。

 

 

 

3.ボウルに、オリーブオイル、すりおろしたニンニク、わさび、醤油を加え、しっかりかき混ぜる。

 

 

4.冷やしておいたに、3のソースをかける。その上にブロッコリースプラウトを添える。

簡単だけど彩りキレイ!アスパラのビスマルク風

 

イタリアでは、アスパラを一番おいしく食べる調理法とも言われるビスマルク風。さっと湯がいたアスパラに、目玉焼きとパルメザンチーズを乗せただけの簡単シンプルレシピですが、半熟卵の見た目が食欲をそそりSNSなどに投稿した際の反応を得やすいことから、リピート間違いなしの見た目と美味しさです! 

 

材料:

  • アスパラ……1(45)
  • 卵……1
  • バター……10g
  • パルメザンチーズ……大さじ2
  • 塩……少々
  • 黒コショウ……少々

 

 

必要なもの:

  • ピーラー
  • フライパン
  • フライパン()またはスキレット

 

作り方:

1.アスパラは、半分より下の固い部分の皮をピーラーで剥く。

 

 

2.アスパラがまっすぐ入る程度の大きめフライパンにお湯を沸かし、分量外の塩をひとつまみ加えてから、アスパラを3分程度茹でる。

 

 

3.2が茹であがり、お皿に取ったら、熱いうちにパルメザンチーズを振りかける。

 

 

4.小さいフライパンにバターをのせて弱火にかけ、焦がさないようにバターを溶かす。

 

 

5.4に卵を割り入れて軽く塩をふり、じっくり火を入れながら半熟の目玉焼きを作る。

 

 

6.目玉焼きができたら、バターごとにのせ、最後に黒コショウを振れば出来上がり。

 

バーベキューでも簡単におしゃれ料理が楽しめる!

 

おしゃれな料理というと、すごく手間がかかったり、持ち運びも大変だったり……と考えると、外ではなかなか出来ないと思いがち。しかし、彩りや盛り付け、少し違った調味料を添えるだけでもガラッと印象が変わります。手はかからないのにおしゃれで美味しいレシピで、次回のバーベキューを盛り上げてみてはいかがでしょうか?

 

 

参考サイト:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

BBQ公認ライター

まつしまのりこ

2児の母で、日頃は家事育児に専念しています。独身時代からバーベキューをたしなみ、バーベキューコンロ付きのマンションに在住。休日に家族や友人を招いてバーベキューを楽しんでいます。