道具

食材を焼いたり暖をとったりと、焚き火台はバーベキューに不可欠な存在。便利で見た目も映えるおすすめの焚き火台を紹介します。

 

焚き火台を持ち込むメリットは?BBQに焚き火台が必要な理由

 

焚き火台は食材を焼いたり飲み物を温めたりするほか、夜は灯りにしたり寒い日は体を温めたりとさまざまな使い道があります。また、環境保護の観点から「直火の使用がNG」のキャンプ場もあるため、焚き火台を持っていれば場所や時間をある程度選ばずにバーベキューを楽しむことができます。

「焚き火台を持ち込むのは荷物になりそう」という人は、最近は持ち運びに便利なかさばらない焚き火台が増えているので実際に重さや携帯性を確認してみるのがおすすめですよ。

 

BBQにおすすめ!オシャレで使いやすい焚き火台5選

 

バーベキューに活躍する焚き火台はいくつかあります。初心者向けからみんなで焚き火を囲めるタイプやソロキャンプ向けなど、目的別におすすめの焚き火台を紹介します。

1.   定番人気ならコレ!スノーピーク「焚火台」

View this post on Instagram

#焚き火#スノーピーク焚き火台s

A post shared by Suzuki Takanori (@cbr400f5169) on

 

アウトドアブランドでおなじみスノーピークの焚き火台は、デザイン性が高く、厚さ1.5mmのステンレスで長時間の火入れも可能な耐熱性がポイント。オプションで鉄板グリドルやチリトリ鍋、ステンレスの焼き網を組み合わせられるのでバーベキューに大活躍します。

2.   圧倒的キャンプファイヤー感!コールマン「ステンレスファイアープレイスⅢ」

 

「焚き火といえばキャンプファイヤー」な欲求を満たしてくれるのが、コールマンの「ステンレスファイアープレイスⅢ」。バーベキューはもちろん、ただ焚き火をするだけでもワクワクする圧倒的なビジュアルの良さが特徴です。頑丈なフォルムを持ちつつ、コンパクトに収納できる携帯性が人気です。

3. 大人数で囲めて実用的!キャプテンスタッグ「ヘキサステンレスファイアグリル」

https://www.instagram.com/p/BuLcDbUgIyY/

 

みんなで焚き火を楽しみたいときは、六角形で囲みやすいグリルがおすすめ。「ヘキサステンレスファイアグリル」は、焚き火とバーベキューのほかにダッチオーブンを置ける頑丈さがポイント。コンパクトに収納できるバッグが付いているうえ、他のグリルよりも比較的安く購入できるのもメリットです。

4. 初心者でも組み立てカンタン!コールマン「ファイアーディスク(TM)

 

「ファイアーディスク(TM)」は、コールマンが初心者向けに特化して作ったグリル。 「3秒設営」とされる組み立ての簡単さに加え、空気を取り込みやすい丸いフォルムで火起こしもスムーズ。軽くて見た目もオシャレなので、女性にもおすすめの焚き火台です。

5. 熱燗もできる!ソロBBQに便利なコンパクト焚き火グリル 「B6君」

 

「どこでも気軽にソロバーベキューをしたい」そんな願いをかなえてくれるのが、畳むと厚み18mmになるポケットグリル「B6君」。プチ焚き火はもちろん、オプションの網やプレートを使ってバーベキューや熱燗を楽しむことが可能なソロ充アイテムです。

 

準備や後始末は徹底すること

焚き火台を使った楽しいバーベキューも、使い方を誤ると危険です。新しい焚き火台を使うときは事前に必ず取り扱い説明書を読み、正しい方法で使いましょう。

また、炭や薪をくべるときはやけど防止のために必ず軍手をつけること。火の後始末はきっちりとおこない、キャンプのときも火を消してから寝るようにしましょう。焚き火をした場所は使う前と同じ姿になるまでキレイにしておくことがマナーです。

 

参考:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

BBQ公認ライター

チョビベリー

読書とテレビと極真空手が好き、柔道初段とボクシングの経歴をもつ普通のOL。女子向けWEBサイトで書評ほか恋愛系の記事を執筆するかたわら、自身の恥をかきさらす意識ぬるい系ブログ『チョベリグ!』も更新中。バーベキューは火をおこす時に一番テンションがあがるファイヤータイプ。アトピーなので洗い物はちょっと苦手。