知識

黒焦げになったり、中まで火が通っていなかったりと、バーベキューで上手にソーセージを焼くのは難しいもの。

ソーセージ好きなら知っておきたい、うまみと肉汁をしっかり味わえてソーセージが美味しくなる焼き方のコツを紹介します。

 

ソーセージを他の食材と同じように焼くのはNG!?

 

バーベキューをおこなうときに、焼き方を注意したい食材がソーセージ。ソーセージは分厚いのでなかなか火が中まで通らない反面、皮が薄くてすぐに黒焦げになりがちです。そのため、他の食材と同じように「ただ網に乗せて焼く」というだけでは失敗する可能性が高く、美味しく食べられないおそれがあります。

かじったときにパリッとはじけ、中まで火が通った美味しいソーセージを食べるためには、ちょっとした焼き方のコツが必要なのです。

 

BBQでソーセージを美味しく焼くための5つのコツ

 

失敗しがちなソーセージはこちらでご紹介する5つのコツを用いれば、美味しく焼き上げられる可能性が高いです。バーベキューの際は、以下の方法を試してみてください。

1.   あらかじめお湯でボイルしておく

ソーセージを持参する場合は、あらかじめ家でボイルしておきましょう。そうすれば、バーベキューの網で焼くときに中まで火を通す必要がなく、黒焦げになる心配がありません。また、表面に焦げ目がつけばすぐに食べられるので焼き時間が短縮できます。

2. アルミホイルで蒸し焼きにする

網の上で直接焼くと焦げ付くソーセージも、アルミホイルに包んで蒸し焼きにすれば焦げません。そのため、ボイルしたときと同じように中までしっかりと火を通すことができます。蒸し焼きでそのまま食べてもいいですし、蒸した後に焦げ目がつくまで軽く焼けばさらに美味しく食べられますよ。

3. 切り目は入れずに焼く

火が通りやすくなるからとソーセージを切ったり、食べやすいよう格子状に切れ目を入れたりしてから焼いていませんか? 実は、ソーセージを美味しく食べるためには切れ目を入れないことが重要です。

ソーセージで一番美味しいのは、皮が裂ける一口目の「パリン!」とした食感。切れ目なく皮がパンパンに張ったソーセージでないとその食感が味わえないため、できるだけ焼く前は切り分けないのがおすすめです。

また、食べるときにフォークを使うイメージのあるソーセージですが、フォークを刺すとせっかくの肉汁がそこから出てしまいます。同じソーセージでも、おはしを使って挟んで食べるほうが美味しいですよ。

4. フライパンでボイルする

焼くかボイルするか、ソーセージで悩む調理法のいいとこ取りをできるのがこのやり方です。工程は簡単で、フライパンに50㏄くらいの水を入れたあと、強火で水がなくなるまでソーセージを炒めるだけ。

これはTBSの「ジョブチューン」という番組で、日本ハムの社員が「シャウエッセンの1番美味しい食べ方」として紹介していた、ネットでも話題の調理法。フライパンの代わりにスキレットを使えば、バーベキューの網の上でも他の食材の邪魔をせずに焼けますよ。

5. 弱火でじっくり焼く

ソーセージを美味しく焼きたいけれど準備が面倒くさい場合や、手ぶらバーベキューでボイルする道具がない場合は、火が通るまで弱火でじっくり焼きましょう。焦げ目がつかないよう途中でひっくり返すのを忘れずに。

調味料でさらに美味しく!

ソーセージはそのままでも美味しいですが、調味料があれば風味も変わってさらに楽しめます。他の食材と一緒にバーベキューソースを使うのももちろんアリですが、定番の粒マスタードのほかにもケチャップとマヨネーズを混ぜたオーロラソース、カレー粉を使ったカレーディップ、ゆで汁を活用した手作りソースなど、ソーセージ用の調味料があるとベストです。ソーセージの種類に合わせて調味料をいくつか準備するといいですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

BBQ公認ライター

チョビベリー

読書とテレビと極真空手が好き、柔道初段とボクシングの経歴をもつ普通のOL。女子向けWEBサイトで書評ほか恋愛系の記事を執筆するかたわら、自身の恥をかきさらす意識ぬるい系ブログ『チョベリグ!』も更新中。バーベキューは火をおこす時に一番テンションがあがるファイヤータイプ。アトピーなので洗い物はちょっと苦手。