知識

冬にアウトドアを楽しむなら、寒さが気にならないグランピングがおすすめです。そして、冬のグランピングをさらに盛り上げるのが、自分たちで持ち込むプラスアルファのアイテム。

 

設備が充実したグランピング施設だからこそ持っていきたいアイテムを紹介します。

グランピング施設には何がある?

 

通常のグランピング施設であれば、ベッドやマットなどの寝具、テーブルやイスなどの家具、バーベキュー用の調理器具やコンセントといった、手ぶらで行っても困らない程度の設備は基本的に整っています。

 

また、特に冬場はストーブなどの暖房器具やブランケットなどが用意されているため、そこまで寒さも気にならないことがほとんどです。

 

ただし、レンタル可能なものは数が限られていることもあります。自分が必要なアメニティーやドライヤーなどは行き先の施設に用意があるか、レンタルできるものかどうかを事前に確認しておきましょう。食材は追加で注文可能かなども併せて確認しておくと安心ですね。 

冬のグランピングに持っていきたいアイテムは?

 

あるとないとでは盛り上がり度が大違い!? 持っていくと冬のグランピングがさらに快適に過ごせるおすすめアイテムを紹介します。

1.  防寒具

暖房設備が整ったグランピング施設でも、バーベキューをするときは屋外の場合が多いもの。外にいる時間が長くても耐えられるように、ヒートテックやマフラーなどの防寒具はしっかりと用意しておきましょう。

 

指先が出ている手袋など、手の甲だけでも風をしのげると寒さは全然違います。女性の場合は追加で一枚ブランケットを持っていくと気分的にも安心しますよ。

2. 小型スピーカー

スピーカーがあると昼間のバーベキューは場を盛り上げ、夜はテントの中にいても静かすぎず、いい感じの雰囲気を演出してくれます。冬のグランピングに合わせた曲や流行りの曲など、仲間の好みに合わせた音楽をたくさんダウンロードしておくといいですね。

3. ボードゲームやトランプ

日暮れが早くグランピング施設の中にいる時間が長くなる冬は、みんなでまったりゲームをするのもアリ。雨や雪など天候が悪くなったときでも手持ちぶさたにならず、室内の時間を有効に使えます。

 

定番のゲームといえばトランプやUNOなどのカードゲームですが、おすすめはボードゲーム。今は昔よりもボードゲームの種類が多く、初めてのゲームでも楽しめるものが増えています。夢中になりすぎて一晩中ゲーム大会になってしまうかも!?

4. お酒やおつまみ

お酒が飲める人にとっては、飲んだあとにすぐに横になれるグランピングは最高の場所。しかし、そのぶん食材がなくなってしまうと買い出しへ行くのはおっくうです。特に冬場は寒さで外出するのがさらに厳しくなるため、特別感のあるお酒やおつまみなどを、余裕を持って持ち寄りましょう。

5. カセットガスストーブ

ガス缶が使えるポータブルのガスストーブがあると、屋内外を問わず手軽に使えるため、電源コードがない場所で手足をあたためたいときに便利です。ガス缶はコンビニでも買えるので、少し多めに用意しておくといいですね。

 

ただし火気のそばでは使わない、こまめに換気をするなど、安全には気をつけましょう。

好きなアイテムを持って冬グランピングを満喫しよう

冬のグランピングは自然の中でまったり感を楽しむチャンス。設備が揃っているぶん、自分の好きなアイテムをたくさん持っていきましょう。

 

お酒をゆっくり嗜むもよし、好きなアーティストの曲をBGMに語り合うもよし、ゲームで盛り上がるもよし。大切な人と最高の思い出を作れるといいですね。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

BBQ公認ライター

チョビベリー

読書とテレビと極真空手が好き、柔道初段とボクシングの経歴をもつ普通のOL。女子向けWEBサイトで書評ほか恋愛系の記事を執筆するかたわら、自身の恥をかきさらす意識ぬるい系ブログ『チョベリグ!』も更新中。バーベキューは火をおこす時に一番テンションがあがるファイヤータイプ。アトピーなので洗い物はちょっと苦手。