知識

シーズンオフで休業する施設もあり、他の季節にくらべると不人気な冬のバーベキュー。しかし、冬でもバーベキューを楽しむ方法はたくさんあります。

冷え症や寒がりの人におすすめしたい、冬でもバーベキューを満喫するテクニックを紹介します。

「冬=シーズンオフ」は、バーベキューの世界では間違い!?

 

「冬にバーベキューなんてありえない」なんて思っていませんか? 冬だからといって、「バーベキューがシーズンオフ」というのはナンセンス。バーベキューは一年中開催できるものであり、その季節によって少しずつ楽しみかたも変わってきます。

 

たとえば冬の時期はコンロの火に癒されたり、あたたかくておいしい食材を満喫したり、友達と「寒いね」と言い合ったり……冬だからこそバーベキューが盛り上がる魅力がたくさんあります。寒さを恐れず、冬しかできないバーベキューを楽しみましょう。

冬にバーベキューを楽しむテクニック7

 

冷え症・寒がりの人は必見! 冬にバーベキューを楽しむためのコツを紹介します。

1.寒さが気にならないバーベキュー場を予約する

寒がりの人がいる場合や女性の参加者が多い場合は、室内のバーベキュー場やストーブ・テント完備など、できるだけ暖房設備が整っているバーベキュー場を予約するのがおすすめです。冬の寒さが気にならず、安心してバーベキューを楽しめますよ。

2.日中におこなう

冬でもなるべく日中の温度が高い時間にバーベキューをおこなえば、日光で寒さをある程度やわらげることができます。準備から後片付けまで、できるだけ明るいうちに済ませるようにしましょう。

3.汁物や熱燗をメニューに入れる

冬バーベキューの場合、肉や野菜などの食材はすぐに冷めてしまいがち。普段の食材に加えて鍋や熱燗など、温かくて体があたたまる食材やドリンクをメニューに加えましょう。冬の寒さがスパイスになり、バーベキュー全体がよりおいしく感じられます。

4.貼るカイロを活用する

冬バーベキューに重宝するのが貼るカイロ。背中と腰、おなかに貼れば屋外の寒さもあまり気にならなくなります。冷え症の場合は、靴に入れるつま先用のカイロも活用しましょう。冬でもビールなど冷たいお酒を飲みたい人にもおすすめです。

5.なるべく大人数でおこなう

可能であれば、参加者を増やしてしまうのもアリです。人の温度で物理的にその場が温かくなるほか、大人数でワーワー盛り上がることで寒さがあまり気にならなくなります。

6.手ぶらバーベキューサービスを利用する

寒いなか買い出しに行ったり食材を切ったり機材を組み立てたりするのは辛く、食べるまでにテンションが下がってしまいます。冬の屋外でバーベキューをおこなう場合は、手ぶらバーベキュー場やスマートBBQ便(リンク:http://smartbbq-delivery.com/)などのレンタルサービスを利用すれば、寒さのなか震えながら準備する時間を減らせて、体の冷えも防げます。

7.オシャレな防寒具を着て楽しむ

冬バーベキューではアウトドアブランドのコーデなど、寒い冬にしか着られない服が大活躍します。フワモコの帽子やマフラー、手袋、アウターといったオシャレな防寒具をとりいれて、寒さ対策とオシャレを同時に楽しみましょう。

体調管理はしっかりと

冬のバーベキューは楽しいですが、室内外の温度差や体の冷えには注意しましょう。「冬にバーベキューをやったせいで風邪をひいた」なんて思い出はつくりたくないですよね。

 

風邪気味のときは参加を避ける、冷え症の人は防寒具を多めに持参する、温かい飲み物を飲むなど、自分の体調管理はしっかりとおこない、冬バーベキューでいい思い出を作りましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

BBQ公認ライター

チョビベリー

読書とテレビと極真空手が好き、柔道初段とボクシングの経歴をもつ普通のOL。女子向けWEBサイトで書評ほか恋愛系の記事を執筆するかたわら、自身の恥をかきさらす意識ぬるい系ブログ『チョベリグ!』も更新中。バーベキューは火をおこす時に一番テンションがあがるファイヤータイプ。アトピーなので洗い物はちょっと苦手。