知識
アメリカでは「バーベキューをしよう!」というと、アウトドアでのイベントというよりは、誰かの家にお呼ばれしてワイワイと楽しむイベントがメジャーです。そこで今回はPinterestから、アメリカのバーバキューパーティーの風景をお届け。演出にもこだわったおもてなしバーベキューの写真を見ながら、次回のバーベキューをワンランク上にあげちゃう作戦を立てましょう。

 

容器にこだわる

おもてなしイベントを成功させるためには、やっぱり会場全体の見た目が大切になります。食べ物がメインとなるバーベキューでは特に、焼けたお肉やお野菜、サラダやおつまみなどの食べ物を入れる容器だけでなく、ケチャップやマスタードなどのサイドアイテムを入れる容器にもこだわってみましょう。

 

 

バーベキュー会場に到着した時に、「お?なんだかオシャレ?」と感じてもらえるように見せるコツは、テーブルの上にならぶ食器類は色やテーマを統一しておくことです。予算があまりなくても心配無用。100円均一の同シリーズで揃えてみたり、紙皿やプラスチックのカラトリーでも色を揃えておいたりするだけで、グッとオシャレ度がアップしますよ。

 

 

プラスチックの使い捨てカラトリーは、こんな感じでナプキンと一緒にセットにしておけば便利さはもちろん、見た目も一気にゴージャスになります。

 

 

オリジナルドリンクでお出迎え

お客様がやってきたら、まずはウェルカムドリンクを差し出すのがアメリカ流基本のおもてなし方法です。もちろん缶や瓶のドリンクでもいいけれど、どうせならばオリジナルドリンクで迎えてみましょう。こちらは暑い夏の日のバーベキューにぴったりのモヒート。ミントとライムをたっぷり効かせたカクテルを、メイソンジャーに入れて冷やしておけば、いちいちお客が到着するために注ぐ面倒臭さもありません。

 

 

色々なドリンクを用意する暇がないときは、氷にちょっとした工夫をするだけでも華やかさが全然違います。アイストレイに、ラズベリーやブルーベリーなどの小さめでカラフルなフルーツを入れたり、ミントや食べられる花を入れたりして氷を作っておけば、ただのお水やお茶も一気にオシャレに変身です。

 

 

お茶やお水のお替わりは、こんな感じでセルフ用のステーションを設定しておけば楽になりますね。

 

 

デザートだって手を抜かない!

  デザート大国アメリカでは、パーティーになると机の上に乗り切らないほどのスイーツが並ぶのが当たり前の光景です。好きなものを好きな時に、好きなだけ自由に取れるようにするのが主流スタイルとなっています。その日のバーバキューにメニューに合いそうなスイーツをたっぷりと用意してみましょう。 人気のスモアはこうやって材料を並べておけば、後はお好みの具をはさんでアルミホイルで包んで、バーベキューグリルに乗せるだけ!

 

 

市販のキャンディーやチョコレートも袋のままではなく容器に入れて並べてあげるだけで、こんなにポップで楽しくなります。

 

 

ドーナツやパウンドケーキなど、色が若干寂しいデザートを盛り付けるときは、ベリーやミントを一緒に飾ることで魅力をアピールするのも手軽で簡単にオシャレ度を上げる方法として覚えておきましょう。

 

 

まとめ

ワイワイみんなで弾けるバーベキューもいいけれど、たまにはホスト役に徹して、アメリカンスタイルの「おもてなし」バーベキューに挑戦してみるのはいかがでしょう。ちょっとした手を加えて演出するだけで「あの子のBBQはワンランク違うよね〜」そんな褒め言葉、もらえるかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

BBQ公認ライター

マケナ雅美
食・スポーツ・経済・テクノロジーとさまざまな分野で執筆中! 美味しいもの大好きなアラフォー女子が、BBQ大国テキサスから楽しい&美味しいBBQ情報をお届けします。冷たいビールとジューシーなお肉で、楽しくBBQ体験しちゃいましょう。